Go ToキャンペーンでJAL CITY那覇に宿泊|国際通り直結の手頃なホテル

国内旅行

7月中旬に2泊3日で沖縄に行きました。そのうち1泊はGo Toトラベルキャンペーンを利用してJAL CITY那覇に宿泊しました。

JAL CITY那覇は、お土産店や食事処が立ち並ぶ国際通りに直結しているためロケーションとしては抜群。しかも、Go Toトラベルキャンペーンのおかげで格安で宿泊できました。

部屋は清潔感があり、手頃な値段なのでビジネスにも旅行にも利用しやすいのではないでしょうか。

この記事では、JAL CITY那覇への行き方、宿泊料、ツインルームの様子、レストラン「ボナペティ」の朝食をレポートしています。

Go Toトラベルキャンペーンでお得に泊まる

JAL CITY那覇の予約は、公式サイトよりも若干安かった予約サイトの一休.comで行いました。一泊朝食付き2名で14,500円。さらに一休.comのポイントを使用して12,615円になりました。

当時はGo Toトラベルキャンペーン開始直後だったので、後日還付申請を行いました。そして本日(9月14日)に4669円戻ってきました。キャンペーンの還元率は35%のはずですが、どのように計算した結果なのかがわかりません(笑)。

とにかく、14,500円が実質7946円で泊まれたことになります。

ナイスだぞGo To!

なお、現在一休.comでは還付金を差引いた額で予約できるようです。

便利だぞGo To !


なお、2021年1月現在、GoToトラベルは休止中です。

JAL CITY那覇の場所・行き方


JAL CITY那覇は県庁に近く、また国際通りに面しているので買い物や食事に大変便利です。

私たちは、那覇空港からゆいレールを使って美栄橋駅まで移動し、そこからホテルまで10分くらい歩きました。炎天下にスーツケースを転がしながら歩いたので、ちょっと辛かったです。

別の手段として、空港からバス(120番か125番)に乗って、ホテル近くの松尾バス停で降りれば徒歩1分くらいです。しかし、本数が少ない(1時間に1,2本程度)のでちょっと不便です。

運賃は、ゆいレールが300円(小児 150円)、バスだと240円(小児 140円)です。

なお、レンタカーなど車で行く場合は注意が必要です。国際通りは曜日や時間帯によって一般車両が通れなくなります。なので、国際通りを避けて、ホテル裏側の駐車場に行くのがよろしいかと。

住所:沖縄県那覇市牧志1丁目3番70号

JAL CITY那覇の入口

ホテル正面入口のハイビスカスの絵柄が素敵でした。ちょっと気分が上がります。

One Harmony会員だとアーリーチェックインできる

JAL CITY那覇のロビー

ホテルには12時過ぎに到着したので、荷物をフロントに預けて出かけるつもりだったのですが、アーリーチェックインができてラッキーでした。

なぜ?

JAL CITY、ニッコーホテルズ、オークラ ホテルズには、共通で使えるOne Harmonyという会員プログラムがあります。会員になると、会員共通の特典に加えて、ホテルごとに設定した特典を利用できます。

後でわかったのですが、JAL CITY那覇の場合だと、13時からチェックインできる特典がありました。

たまたま妻がOne Harmony(ランクが一番下の無料)会員だったので、アーリーチェックインできたということですね。ただ、12時からチェックインできたのはホテルのサービスということでしょう。

One Harmonyの一番下のランクは無料だし、会員になっていて損はないと思いますよ。

外部リンク)JAL CITY那覇|One Harmony 会員

ツインルームの様子

ツインルーム

私たちはツインルームに泊まりました。

ベッドはシモンズ。普通に寝心地の良いベッドです。

それと、床がカーペットではなく壁紙のようなシートでした。特に歩き心地が悪いわけではありません。コロナの消毒をやり易くするための対策ではないかと勝手に推測しています。

なお、荷物はスタッフの方が運んでくれました。このあたりのサービスはリゾートホテルならではですね。

バスルームは比較的新しく、トイレ、バスタブ、洗面台は真っ白で清潔感がありました。

WiFiは無料で利用できます。

スタッフの対応も良く、いい感じのホテルでした。

JAL CITY那覇のレストラン「ボナペティ」の朝食

ホテル内レストランボナペティ

今回の宿泊は朝食付きだったので、ホテル内のレストラン「ボナペティ」を利用しました

ボナペティとは、フランス語で「召し上がれ」のような意味。

もちろんレストラン内はマスク着用です。テーブル間も距離がとられていました。

朝食はビュッフェ形式の食べ放題。料理は50種類ほどあるのだとか。私たちは、洋食派なのでパンを中心におかずとフルーツをお腹一杯食べました。

正規料金だと大人1人2300円ですが、それくらいの価値はあったと思います。

余談ですが、ビュッフェのことを公式サイトではバイキングと表現していますが、日本でしか通じない言葉です。海外に行く時は注意しましょう。

JAL CITY那覇近くの食べ物屋さん

JAL CITY那覇の裏口から徒歩30秒のところに「大東そば」というソーキそばのめちゃウマい店がありました。

【沖縄そば】国際通り近くの大東そば|最後の一杯は空港食堂で
私たち夫婦が沖縄に行く楽しみのひとつは沖縄そばを食べること。とくにソーキそばが大好物です。 ところで、沖縄そばって蕎麦なの?ソーキって何?・・・考えてみるとよく分からないですよね。 という...

また、国際通りのれん街の中にある「沖縄ステーキ」は驚くほどコスパの良いお店でした。

ステーキやハンバーグが200g1000円という安さ。さらに300g1000円というステーキもありました。そして、普通にうまい。

「沖縄ステーキ」国際通りのれん街那覇市場の激安1000円ステーキ
以前、沖縄を旅行したときの話。とある店でステーキと伊勢海老半身のセットが2500円と安かったので注文してみたら、伊勢海老の甲羅の中にカニカマのグラタンが入っててビックリ! やっぱり値段相応だなと反省し...

のれん街の向かい側には「ステーキハウス88」もあります。ここは地元の人にも人気の有名ステーキ店です。

【沖縄国際通り】「ステーキハウス88」|JALのびっくりオプションでお得にステーキを食べる
今回の沖縄旅行はJALダイナミックパッケージで行きました。このパッケージには「びっくりオプション」というものがあり、このオプションを付けると食事・観光・移動手段などを安く利用できます。 たとえば...

Blue Sealアイスクリーム

BLUE SEALは沖縄の米軍基地発祥のアイスクリーム店。

国際通りにもBLUE SEALがあるので、甘いものが欲しくなった時は寄ってみてはどうでしょうか。

味は、まぁ普通にオイシイです。

ポーたま

ホテルで朝食を食べた後、散歩していると「ポーたま」牧志市場店を発見。朝から行列ができていました。

「ポーたま」は沖縄名物のポークたまごおにぎりを売っている人気店です。このおにぎりの美味さについては、当ブログでも過去に書いています。

【ポークたまごおにぎり】沖縄発の「ポーたま」を博多櫛田神社の表参道で食べる
この記事では、「ポーたま櫛田表参道店」について書いています。  2019年11月、店名が「ポークたまごおにぎり本店櫛田表参道」から「ポーたま櫛田表参道店」に変わりました 以前、沖縄を旅行したときに...

まとめ

シーサー

この記事ではJAL CITY那覇についてレポートしました。

ビジネスとリゾートの中間的なホテルで、スタッフの接客態度も良く、清潔感のある部屋でした。

なお、今回の旅行ではGo Toトラベルキャンペーンを利用したので、通常よりもさらにお得に泊まることができました。

沖縄旅行の参考になれば幸いです。

国際通りの近くのホテルロイヤルオリオンについても記事を書いています。

【沖縄】ホテルロイヤルオリオン|国際通りとゆいレール駅に近くてリーズナブルなホテル
このホテルはゆいレール牧志駅に近く、空港からの移動や観光、食事にとても便利な場所にあります。数年前にリニューアルしているのでホテルや部屋は綺麗でした。中心地のリゾートホテルでありながら1人1泊7000円前後(時期によって大きく変わります)で泊まれるのでリーズナブルだと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

コメント