【ポークたまごおにぎり】沖縄発の「ポーたま」を博多櫛田神社の表参道で食べる

グルメ

この記事では、「ポーたま櫛田表参道店」について書いています。

 2019年11月、店名が「ポークたまごおにぎり本店櫛田表参道」から「ポーたま櫛田表参道店」
に変わりました

以前、沖縄を旅行したときに那覇空港で食べたポークたまごおにぎり、略して「ポーたま」に衝撃を受けました。いわゆるスパムおにぎりなのですが、スパムと玉子焼き、その他の具材を海苔とご飯でサンドウィッチ風に挟んだおにぎりでした。

余計なものは入ってない。ただ、ご飯と自分の好きなおかずだけを食べる。ある意味、究極なのかもしれません。

その沖縄発のポーたまの店が、博多の櫛田神社近くにあるということで行ってきました。

店で食べても良し、持ち帰りで外で食べて良し、見た目もオシャレなので差し入れとしても喜ばれると思います。

「ポーたま 櫛田表参道店」の行き方

櫛田神社表参道鳥居

福岡市地下鉄空港線の祇園駅で下車し、2番出口から出て3分ほど歩くと、櫛田神社の鳥居が見えてきます。この鳥居をくぐって櫛田神社へ向かう途中に「ポーたま 櫛田表参道店」があります。

博多駅から徒歩だと15分ほどで着きます。

  • 住所:福岡県福岡市博多区冷泉町3-15
  • 営業時間:7:00~21:00
  • 定休日:年中無休

「ポーたま 櫛田表参道店」の情報

ポーク玉子おにぎり本店

「ポークたまごおにぎり本店 櫛田表参道」の店構えはモダンですが、提灯や暖簾など和のテイストも入っています。店内は清潔感があり、おしゃれなカフェのようでした。

店内にはイートイン用に小さなテーブルが3つ、奥に10名くらい座れそうな大きめのテーブルが1つあります。

そう言えば、おにぎりとスパムの取り合わせも、ある意味で和モダンですね。

カウンターのスパムの写真

念のためスパムについて確認しておきましょう。

スパム(英語: SPAM)とは、アメリカ合衆国のホーメル食品(英語版)が販売するランチョンミート(ソーセージの材料を、腸ではなく型に詰めたもの)の缶詰である。

Wikipedia「スパム」より引用

このホーメル食品の工場が沖縄にもあることから、ポーク玉子が沖縄の家庭料理になっています。

「ポーたま 櫛田表参道店」のメニュー

ポーク玉子おにぎり本店メニュー

メニューの種類は「スタンダード」、ちょっと豪華な「スペシャル」、スタンダードを6個選択できる「スタンダードボックス」、スタンダード3個+スペシャル2個を選択できる「スペシャルボックス」があります。

加えて、櫛田表参道店には限定メニューが3つあります。

  • 博多めんたま:ふくやの明太子入りポーたま
  • アジタル:アジのフライ+タルタルソース+ポーたま
  • 梅しそ:梅干しとしその葉+ポーたま

ここまで書いているなら「当然、限定メニューを食べたんでしょ?」と思われるかもしれませんが、私たちは保守的な人間なので冒険はしません。一番スタンダードな「ポーたま(300円)」エビフライとタルタルソースの「エビタル(350円)」、アイスコーヒー(200円)を注文しました。

ポーたまを食べてみました

ポーたまとエビタル

この店は、注文してから作りはじめるので多少時間はかかりますが、熱々なものを食べることができます。

海苔、ご飯、玉子焼き、スパムの厚さのバランスが良い。ポーたま1つの大きさは、茶碗一杯分くらいでしょうか。小腹が空いているときにちょうどよい分量です。2つ食べるとお腹一杯になりそう。

エビタル

ポーたまは、具材とご飯の相性がバッチリなので美味しいのは当たり前。さらに海老とタルタルソースが加われば旨さ倍増です。

自分が食べたいものだけが入っている、余計なものは一切なし。ある意味、究極の食べ物かもしれません。。。ごめんなさい、言い過ぎました。

いずれにしても、子供から大人まで楽しめるのは間違いないでしょう。

ポーたまの包み紙

包み紙は三角形になっていて、ハンバーガーのようにして食べることができます。私たちは店内で食べましたが、晴れた日だったらテイクアウトして外で食べると、おいしさが増すかもしれませんね。

「ポーたま」沖縄店の場所

ポークたまごおにぎりの場所

さて、本場の沖縄には「ポークたまごおにぎり本店」が3店舗あります。

  • 那覇空港内にある空港1F店
  • 牧志公設市場にある牧志本店
  • アメリカンビレッジにある北谷店

空港店の記事はこちらに書いています。

【宮古島旅行】那覇空港でポーたまを食べて、フロアマップに存在しないサクララウンジでくつろぐ
3月に行く予定だったバリ旅行をキャンセルしたので、その代金を使ってJALダイナミックパッケージで宮古島に行ってきました。GoToトラベルを利用した、夫婦二人2泊3日の旅です。 宮古島は初めてだっ...

おまけ:櫛田神社でデザートを食べる

「ポーたま」のすぐ近くに櫛田神社があります。神社でお参りしたあと、中州上川端方面の出口にある「櫛田のやきもち」を食べました。

ほどよく焦げた、熱々の餅の中にあずき餡が入っている。美味しいです。「太宰府天満宮の表参道で売っている餅に似てる」とか無粋なことは言わない。櫛田のやきもちです。

ただね、食べたあとにきっと思うはずです。「お茶が飲みて~」

まとめ

この記事では、ご飯とおかずを一緒に食べられる沖縄発の家庭料理「ポークたまごおにぎり(略してポーたま)」について書きました。

機会があればお試しあれ。

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ
にほんブログ村

その他グルメ
シェアする
acharをフォローする
食べ旅写真館

コメント