【中部国際空港セントレア】「まるや本店」で名古屋めしの定番、ひつまぶしを食べる

国内旅行

親戚の結婚式に出席するため名古屋へ行ってきました。

せっかくなら名古屋めしを堪能したい。だけど市内を歩き回るのは疲れるし、中部国際空港セントレアも見学したい。ということで、空港内で昼食をとることにしました。

名古屋の名物料理はいろいろありますが、うなぎのひつまぶしははずせないので「まるや本店」に行くことにしました。

今回はこの店をレポートします。

「まるや本店」の場所

まるや本店は第1ターミナル4階のスカイタウンにあります。

スカイタウンには、40ほどの飲食店があります。時間がないときはセントレア内だけで名古屋めしを楽しめますね。

まるや本店は左上①のところにあります。

  • 営業時間
    • 平日 11:00~15:00、 16:30~20:00
    • 土日祝 11:00~20:00
  • TEL
    • 0569-38-0803

「まるや本店」のメニュー

メニューには長焼き(蒲焼)や白焼きもありますが、名古屋と言えばひつまぶしでしょう。

おもなメニューはこんな感じ

  • 特上ひつまぶし
  • 上ひつまぶし
  • まるひつまぶし
  • ミニひつまぶし
  • セントレア御前

オプションとして、お吸い物を肝吸いに変更したり、茶わん蒸し、ミニサラダを付けることもできます。

名古屋名物ひつまぶしを食べてみた

まるひつまぶし、キター

丸いお櫃(ひつ)に蒲焼とご飯。薬味はネギ、ワサビ、大葉。

なにげに漬物がウマいのですよ。

ひつまぶしの醍醐味は3つの味が一度に楽しめること。

なので、まずお櫃の中で混ぜながら3等分にします。

量的には4回に分けても良さそう。

最初は、そのままで食べます。

表面の皮がカリッと焼かれていて、中にうなぎの旨みが閉じ込められている。

そして、たまり醤油とミリンの絶妙な甘いタレが、うなぎのウマさを一層引き立てている。

うまーーーーーい!

味にアクセントをつけたいときは、テーブルに置いてある山椒を軽く振ってもよいでしょう。

お次はネギ・ワサビ・大葉、それに海苔を乗せて食べます。

いやー、最高!

ひつまぶしは、とある料理屋のまかない飯として従業員が食べていたもので、お客から「食べさせてほしい」とせがまれて出してみると、それが好評となり、商品化したのだそうです。

その判断、正解です。

最後は出汁をかけて食べます。

少し酸味のある魚系(鰹?)の出汁でした。もちろん、うなぎとの相性は抜群です。

この時点で腹八分なのですが、お茶漬けにするとサラッといけちゃいますよね。

お吸い物は肝吸いではありませんでした、残念。

追加料金を払ってまでは食べないけど、無いと寂しい存在です。

こちらはミニひつまぶし

妻に言わせると、まるひつまぶしに比べるとサイズが小さいので「少し物足りない」とのこと。

なので、小腹が空いているときはこちらで良いかもしれません。

こちらはセントレア御前

うな丼に天ぷら、茶わん蒸がついて2200円なのでリーズナブル。いろんなものを楽しみたいときはこちらも良いですね。

最後に

今回は、中部国際空港セントレアにある「まるや本店」のひつまぶしをレポートしました。

名古屋名物だし、間違いないお味でした。

余談ですが「名古屋 ひつまぶし」で検索すると、あつた蓬莱軒という店が出てきます。こちらにも行ってみたかったのですが、愛知に住む友人によると「行列待ちを覚悟しないといけない」そうです。

ちなみに福岡市でうなぎと言ったら吉塚うなぎ屋ですよね。

【博多区中洲】「吉塚うなぎ屋」のうな重|創業150年は伊達じゃない!
ボーナスが出たし、暑い夏を乗り切るために「吉塚うなぎ屋」に行ってきました。 吉塚うなぎ屋は、1873年(明治6年)に創業した約150年の歴史をもつ鰻料理の老舗です。以前見たテレビ番組の中で、食通...

にほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ
にほんブログ村

グルメ国内旅行旅行
シェアする
acharをフォローする
食べ旅写真館

コメント