【福岡空港ラーメン滑走路】「豚そば月や」スープは透明だけど豚骨ラーメンでした

豚そば月や グルメ

福岡空港のラーメン滑走路に新しく「豚そば月や」がオープンしました。ここは、醤油ラーメンをメインとした「支那そば月や」の姉妹店で、透明な豚骨スープが特徴です。

すでに中州店、大名店、東京店があり、以前から気になっていたので行ってきました。

「豚そば月や」の場所

ラーメン滑走路
「豚そば 月や」は、福岡空港国内線3階のラーメン滑走路と名付けられた通路の中にあります。単純な道なので迷うことはないでしょう。

  • 営業時間:10:00~21:45
  • 定休日:なし

ラーメン滑走路

ラーメン滑走路に入っているラーメン店は次の通り。ただし、店舗は入れ替わりが激しいので注意してください。2021年7月11日更新

  1. 屋台ラーメン玉龍(福岡)
  2. つじ田(東京)
  3. 博多一幸舎(福岡)
  4. 豚そば月や(福岡)
  5. まんかい(大阪)
  6. ヌードルラボラトリー金斗雲(鹿児島)
  7. ラーメン海鳴(福岡)
  8. モヒカンらーめん(福岡)
  9. 有吉商店(福岡)

なお、リンクの下線が入っている店は当サイトでレポートしています。

豚そば月や

開店して間もない日に行ったので開業祝の花束が沢山飾られていました。

店に入ると豚骨独特のにおいが鼻を突きます。お~豚骨ぅ。

豚そば月や

店内は、モダンな家具と絵が飾られていて、ラーメン屋と言うよりアクタスみたいな感じ。椅子の背もたれの造形から推測すると、値段の高いやつじゃないかと思う(知らんけど)

「豚そば月や」のメニュー

豚そば月やのメニュー

入口に自販機があるので、ここで食券を購入します。

メニューは豚そば(800円)とチャーシュー多めの豚豚そば(900円)の2種類に替え玉と追いスープ。あとはサイドメニューと飲み物だけ。悩まなくて済みますね。

今回はシンプルな豚そばを注文しました。

豚そばを食べてみました

豚そば

豚そばは、澄んだスープの中に細麺と薄いチャーシューが入っています。それと、別皿でネギとカボスが付いていました。

見た目は塩ラーメンのような感じです。これ、本当に豚骨ラーメンなの?

豚そば

透明なスープを飲んでみる。

絶妙に塩味の効いた研ぎ澄まされたスープ。 美味しい!

豚骨臭さはなくて、さっぱりした味ですが、間違いなく豚骨ラーメンです。

暖簾に書いてある「クリア豚骨」の意味がわかりました。

豚そば

薄切りトロトロのチャーシューは若干癖のある味。あっさり系ラーメンによく合います。

豚そば

麺は細麺で、福岡産のラー麦を使用しているとのこと。

注文するときに「固さ」を聞かれなかったのですが、食べてみると普通か若干柔らかめの固さでした。

レンゲにすくったスープの中にカボスを垂らして飲んでみると、まったく別の味に変化しました。これはこれで美味しい。一般的な白濁の豚骨スープだと絶対合わない組合せだと思います。

どちらかと言えばそうめん(温麺)のような感じで、あっという間に完食しました。ごちそうさまでした。

その他の店舗

豚そば月やは空港店の他に3店舗あります

  • 本店
    • 住所:福岡県福岡市博多区中洲2-5-2
    • 営業時間:19:00~翌3:00
    • 定休日:日曜日、祝日
  • 大名店
    • 住所:福岡市中央区大名2-2-44 マウンテンハウスⅡ-101
    • 営業時間:11:30〜15:00、18:00〜24:00
  • 東京店
    • 住所:東京都渋谷区広尾5-4-16
    • 営業時間:11:00~23:00
    • 定休日:火曜日(祝日の場合は水曜日)

最後に

今回は、福岡空港ラーメン滑走路にオープンした豚そば月やのラーメンをレポートしました。

上品なクリアスープは間違いなく美味しかったです。あっさり系の豚骨ラーメンが好きな人だったら気に入るんじゃないでしょうか?

機会があればお試しあれ

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ
にほんブログ村

グルメ
シェアする
acharをフォローする
食べ旅写真館

コメント