【博多区中洲】「吉塚うなぎ屋」のうな重|創業150年は伊達じゃない!

グルメ

ボーナスが出たし、暑い夏を乗り切るために「吉塚うなぎ屋」に行ってきました。

吉塚うなぎ屋は、1873年(明治6年)に創業した約150年の歴史をもつ鰻料理の老舗です。以前見たテレビ番組の中で、食通のタモリさんがこの店を絶賛していました。

実際、うなぎの蒲焼を食べてみると本当に美味しくて、ファンが多いのもうなずけました。

ということで、この記事では吉塚うなぎ屋のうな重をレポートしたいと思います。

吉塚うなぎ屋の場所

吉塚うなぎ屋は店名の通り吉塚で開業したとのことですが、現在は中州の博多川通り沿いにあります。

  • 住所:福岡県福岡市博多区中洲2丁目2-27
  • 営業時間:10:30~21:00(L.O20:00)
  • 定休日:水曜、お盆、年末年始
  • 駐車場:あり
  • 電話:092-271-0700

歩いて行く場合は西鉄天神駅、地下鉄祇園駅、JR博多駅から15~20分ほど。

車で行く場合は5台分の駐車場があります。満車の場合は近所の駐車場に停めましょう。ちなみに店の隣にパラカパーキング(20分200円)があります。

吉塚うなぎ屋

明治6年と言えば伊藤博文や大久保利通、るろうに剣心が活躍していた時代です。その時から営業していると聞くと歴史のある建物をイメージしますが、実際は3階建ての和モダンなビルでした。

  • 2階:受付、持ち帰り、食事
  • 3階:食事(予約している人はこちらへ)

内部には階段がありますが、エレベータもついているので楽に昇ることができます。

吉塚うなぎ屋

私たちは当日に予約の電話を入れたのですが、「本日は予約で一杯なので、直接お越しください」とのことでした。

予約客ではない人は、2階にある発券機で受付を済ませて、自分の受付番号が呼ばれるまで待ちます。

ちなみに予約した客は直接3階に行けばよいようです

吉塚うなぎ屋の雰囲気

吉塚うなぎ屋

私たちは3階の広間に通されました。

和室ですがテーブル席なので楽に座ることができます。テーブルにはコロナ対策用のアクリル板が立ててありました。

周りを見ると、年配の方から若いカップル、小さな子供を連れた家族など幅広い層に人気があるようです。

吉塚うなぎ屋

ランチョンマット(紙)に次のような文章が書かれていました。

ウナギというものは赤道直下までタマゴを生みに行き、二年かかかって日本へかえり、吉塚に来てカバヤキになるのである

これは、よく聞くうなぎの稚魚(シラス)の話ですね。養殖うなぎは、このシラスを育てたものになります。

この店では静岡、鹿児島、宮崎で養殖された鰻を仕入れているようです。ちなみに、この日は宮崎産の鰻を使用しているとのことでした。

吉塚うなぎ屋

窓からの眺めはこんな感じ。これを風情というのだろうか?

吉塚うなぎ屋のメニュー

吉塚うなぎ屋メニュー

メニューは大体こんな感じ

  • うな丼(2切、3切、4切)
  • うな重(4切、5切、6切)
  • うなぎの幕の内(8品、11品、13品)
  • うなぎ茶漬け
  • うなぎ会席

うな丼はタレがかかったご飯に蒲焼が乗った丼物で、うな重はご飯、蒲焼、タレが別皿でやってきます。

お吸い物が付くメニューは肝吸い赤だしの味噌汁を選択できます。

ボーナスをもらったし、今回は特うな重(4380円)と骨せんべいを注文しました。

吉塚うなぎ屋の特うな重を食べる

特うな重

特うな重とご対面です。ワクワクです

特うな重

上の段に蒲焼が6切入っていました。うひょ~、いい匂い。

予算次第ですが、蒲焼を堪能したいなら6切がオススメです。

特うな重

厚みもありますよ。美味しそうですね。

特うな重

いただきます。

うめーーー!!

この店独自の焼き方があるらしく、外側はカリッと焼き上がっていて芳ばしい。若干歯ごたえがあります。

そして、中身はふっくらと柔らかい。臭みはまったくありません。

特うな重

続いて、別皿のタレにつけて食べてみる。

蒲焼の決め手はタレです。タレがまずかったらすべてが台無しになりますよね。

チョーうめーーーーー!!

醤油のコクと上品な甘さが私のストライクゾーンのど真ん中です。もうね、150年の旨味がグッと凝縮されている感じです。

特うな重

3口目はご飯と一緒に食べてみる。

ご飯は若干固めに炊かれていて、タレをかけてもベチョベチョになりません。

完璧です。

肝吸い

肝吸いは想像通りのお味でした。

山椒と七味

山椒と七味が置いてあるので、味変したい人はお好みで。

ただし、山椒は味の主張が強いので、あまりかけすぎると逆効果になります。少しづつかけるのがよろしいかと。

骨せんべい

こちらは骨せんべい。カリッとしていて、塩味が程よく効いています。

おつまみに良さそうですね。

吉塚うなぎ屋の注意点

売り切れると終わり

ラストオーダーは20時となっていますが、鰻がなくなると終了だそうです。私たちは18:40に店を出たのですが、売り切れの案内が出ていました。なので、早目に行った方がよろしいかと。

支払い方法

支払いは現金のみで、クレジットカードや電子決済は使えません。

私は現金を持っていなかったので焦りました。妻にお金を借りて事なきを得ましたが、そうでなければ今頃皿洗いをしていると思います(妄想)。

土用の丑の日と鰻の関係

最後に土用の丑の日と鰻の関係について書いておきますね。

昔の話。天然鰻は体内に栄養を蓄える秋~冬が旬であることから、夏場は売れ行きが悪かったそうです。

ある日、蘭学者の平賀源内が鰻屋の主人から「夏場に鰻が売れるようになりませんかね?」と相談されたので、「本日土用の丑の日」と書いて宣伝したところ、それが評判になって大繁盛したという説があります。

土用とは季節の変わり目の18日間を言い、夏だと大体7月末あたりになります。これに丑の日(12日で1回やってくる)を重ねた日が土用の丑の日となります。

ちなみに、この先3年間の土用の丑の日は次の通りです。

  • 2021年:7月28日(水)
  • 2022年:7月23日(土)
  • 2023年:7月30日(日)

土用の丑の日と鰻の間に科学的なつながりはないようですが、土用の丑の日という文字を見ると鰻を食べたくなりますよね。パブロフの犬状態。

まとめ

この記事では「吉塚うなぎ屋」のうな重をレポートしました。

焼き加減、芳ばしさ、食感が絶妙で、めちゃくちゃ美味しかったです。創業約150年は伊達ではありませんでした。お値段に比例して満足度は高いと思います。

機会があればお試しあれ

なお、近くにはポーたまの店もあります。

【ポークたまごおにぎり】沖縄発の「ポーたま」を博多櫛田神社の表参道で食べる
この記事では、「ポーたま櫛田表参道店」について書いています。  2019年11月、店名が「ポークたまごおにぎり本店櫛田表参道」から「ポーたま櫛田表参道店」 に変わりました 以前、沖縄を旅行したと...

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ
にほんブログ村

グルメ
シェアする
acharをフォローする
食べ旅写真館

コメント