【南区大橋】おひとり様OK「博多めんちゃんこ亭」|もつ鍋めんちゃんこで体を温める

グルメ

博多の美味しいものを紹介しているYoutubeをよく見るのですが、意外に「博多めんちゃんこ亭」をアップしている人は少ないようです。

たしかに豚骨ラーメンやうどんほどメジャーではないけれど、地元民から愛されているお店であることは間違いありません。

めんちゃんことは、ちゃんこ鍋をヒントに十種類の素材からとったスープとコシの強い麺を煮込んだ鍋料理のこと。

この記事では寒い季節に体が温まるもつ鍋めんちゃんこをレポートします。

めんちゃんこ亭大橋店の場所


今回はめんちゃんこ亭大橋店を訪れました。西鉄大橋駅から歩いて10分程度。

  • 福岡市南区向野2-16-1
  • 営業時間:11:00〜1:00
  • 駐車場:あり

大橋店以外だと藤崎本店、六本松店、箱崎店、原店、天神店があります。

雪が降る平日の寒い夜に訪れたのですが、お客さんが次々にやってきます。

店内にはカウンター席、テーブル、座敷席がありました。

めんちゃんこ亭大橋店のメニュー

()内は2022年12月の価格。

  • 元祖めんちゃんこ(760円)
  • 味噌めんちゃんこ(760円)
  • チゲ味噌めんちゃんこ(840円)
  • もつ鍋めんちゃんこ 味噌/醤油(940円)
  • 期間限定辛麺(840円~)

トッピングを追加したり、餅ぬき、小盛/大盛、こんにゃく麺に変えたりできます。

ラーメンやセットメニュー、サイドメニューもおいしそう。

  • 豚骨ラーメン(680円~)
  • 木久蔵ラーメン(720円~)
  • ぎょうざセット(麺メニュー+380円)
  • からあげセット(麺メニュー+380円)

もつ鍋めんちゃんこ(味噌)

もつ鍋めんちゃんこがやってきました。

ニラ、キャベツ、ゴボウなど野菜がたっぷり。豆腐も入っていました。

ちなみに麺は野菜の下に隠れています。

これを千円以下で食べれるのだからコスパは良いと思います。

もつ独特の歯ごたえ。

若干煮込み過ぎのような気がしますが、とにかくウマい。

味噌ベースのスープを飲んでみます。

ホタテ、カツオ、鶏、シイタケなどからとった出汁のうま味、野菜の甘み、味噌のコクが混ざりあって絶妙な味~美味しい。

鍋には柚子胡椒が合いますよね。

めんちゃんこ亭では黒と赤の2種類が選べます。

赤の柚子胡椒は風味があり、見た目ほど辛くはありません。

スープに混ぜるとコクが深まる感じでした。

刺激が欲しい人は黒がおすすめです。

シメのちゃんぽんが最初から入っていると思えばよろしいかと。

ただ、麺の食感はチャンポンともうどんとも違う感じ。モチっとしていてコシがあります。

かなりのボリュームだったので、お腹一杯になりました。

上の写真はもつ鍋めんちゃんこの醤油味です。味噌味と見た目は同じですが、こちらもうまかったです。

甲乙つけがたい。どちらもおすすめです。

ごちそうさまでした。

まとめ

今回はめんちゃんこ亭大橋店をレポートしました。

この日は寒かったので、もつ鍋めんちゃんこを食べて体が温まりました。

普通のもつ鍋屋だと一人で行くのは気が引けますが、めんちゃんこ亭なら一人前で注文できるので、おひとり様でも気兼ねなく訪れることができますね。

機会があればお試しあれ。

なお近くにはこんな店もありますよ。

【南区大橋】「ラーメン博多玉」昔ながらの味|普通を極めた豚骨スープ
私はラーメン全般が好きなのですが、こうしてブログを書いていると、自分の好みが昔ながらのシンプルな豚骨ラーメンであることがわかってきました。今さらかいっ!って言われそうですが、気づいちゃったものは仕方あ...

一人もつ鍋ならこちらもおすすめです

【福岡空港】「おおやま」福岡の名物を一度に堪能できるもつ鍋定食|おひとり様でもOK
会社の飲み会がなくなったので鍋物を食べる機会がめっきり減ってしまいました。そんな中、福岡空港の「おおやま」でもつ鍋を食べてきたのでレポートします。 もつ鍋定食はひとり用の鍋で、明太子など福岡名物...

 

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ
にほんブログ村

コメント