【福岡博多】信州そばの名店「むらた」で天ざるを食べる

むらた グルメ

信州そば「むらた」に行ってきました。

ここはミシュランガイド食べログ百名店で選出されたことがある有名店で、「そばと言ったらむらたでしょ?」という人も少なくないでしょう。

今回は「むらた」の天ざるを食べてきたのでレポートしたいと思います。

「むらた」の場所

  • 住所:福岡市博多区冷泉町2-9-1
  • 営業時間:11:30~20:30
  • 定休日:月曜日
  • 電話:092-291-0894
  • 駐車場:なし
    • 店の隣に櫛田神社参拝者駐車場(20分100円)があります。

地下鉄祇園駅近くの鳥居から櫛田神社へ向かう表参道を歩いていると「むらた」が見えてきます。

古民家風の建物で、いかにも美味しい蕎麦を出してくれそうな感じ。

人気店だけあって15時頃訪れても5組ほど待ちができていました。希望した時間に食べたいときは予約した方が無難でしょう。

むらた

店内は少し暗めで落ち着いた雰囲気です。日によって違うかもしれませんが、満席にも関わらず人の話し声はほとんどなく、時々そばをすする音が聞こえるくらいでした。

窓際に座れば坪庭を眺めることもできます。

ただ、室内は「南国か!」っていうくらい冷房が効いていました。寒がりな人は長袖を持って行った方が良いかも。

「むらた」のメニュー

メニュー

ランチタイムのメニューはこんな感じ

  • 櫛田セット
    • 小鉢、ちらしごはん、天ぷら
  • 天ぷら+そば
    • ざる
    • そば
    • 天盛り
    • 野菜天盛
    • ごぼ天
  • その他、ご飯もの

メニュー

単品メニューもあります。

本当は櫛田セットが食べたかったのですが売り切れでした。なので天ざる(1980円)を注文しました。

そばに関するあれこれ

信州蕎麦の草笛MIDORI長野店のそば

信州蕎麦の草笛MIDORI長野店のそば

ここから、ちょっとだけそばの基本的なことを書いておきます。

同じそばでも、そばの産地や挽き方、小麦粉との混合比で味が違うので、知っておくとより良く楽しめるかもしれませんね。

信州そばってなに?

むらたの看板を見ると「信州そば」と書いてあります。なぜ信州かと言えば、長野県(信州)の高冷地は昼夜の寒暖差が大きく、これによってそばの主成分であるデンプンが熟成して美味しくなるのだとか。

長野県信州そば協同組合は、長野県で製造されたそば粉を40%以上使用している場合に限り信州そばと認定しているそうです。

二八そばと十割そば

「むらた」は基本的に二八そばを出しますが、+100円で十割そばに変更できます。

二八そばは、小麦粉2割とそば粉8割を混ぜて打ったそばで、麺が切れにくくなり、喉越しがよくなります。

一方、十割そばはそば粉100%の麺で、切れやすく表面がザラザラする代わりに蕎麦の風味が口に広がるのが特徴です。

どちらが美味しいというわけではなく、どちらが好きかということでしょうね。

田舎そばと更科そば

田舎そばは、そば殻や甘皮まで含めて挽いたそば粉を使用していて、そばの風味が強く栄養価が高いのが特徴です。なお、むらたでは+100円で田舎そばに変更できます。

一方、更科そばもよく聞く言葉ですが、こちらはそば実の中心部を使っていて、色が白く上品な味がするのが特徴です。

粗挽きと細挽き

そばの挽き方によっても味が変わります。

粗挽きは麺が甘くもっちりした食感で、細挽きは喉越しが良くなります。

なお、むらたのメニューには「細挽き十割そば」と「粗挽き田舎そば」があります。

天ざるを食べてみた

天ざる

天ぷらの具材は日によって変わります。

この日はエビ2尾、アスパラガス、オクラ、舞茸、万願寺とうがらしでした。

万願寺とうがらしは、ぶっちゃけピーマンのような味がします。

天ざる

もりそばは二八

本当は十割にしたかったのですが売り切れとのことでした。残念

天ざる

そばの風味を楽しむため、つゆにつけず、そのまま食べてみました。

麺は細くてコシがあり、喉越しがよい。

天ざる

続いて、つゆに付けて食べてみる。

つゆは濃く若干塩味が強い。個人的にはもう少し甘い方が好きですが、これは好みの問題でしょう。

とにかく美味い!!

天ざる

みんな大好きエビちゃんは衣がサクサク、続けてエビの旨味がやってくる。

塩を付けて食べてもウマい。

天ざる

アスパラガスやオクラはまぁ普通です(笑)

天ざる

最後はそば湯でしめ。

ちなみに、大阪ではそば湯を知らない・飲まない人が多いのだとか。実は私も若い頃は「飲む意味がわからなかった」のですが、おじさんになった今はその味がわかるようになりました。

ごちそうさまでした。

その他の店舗

  • 赤坂けやき通り
    • 住所:福岡市中央区赤坂3-9-28 大産赤坂ビル 102
    • 営業時間:11:30~21:30
    • 定休日:月曜日
    • 電話:050-5595-3618

最後に

今回は、信州そば「むらた」の天ざるをレポートしました。

ミシュランや百名店などに選ばれている人気店だけに、そばの味に間違いはないと思います。そばの種類を変えて味比べできればさらに楽しめるかもしれませんね。

機会があればお試しあれ

なお、東区の不老庵も美味しいですよ。

香椎のそば屋【不老庵】|ミシュランのビブグルマンに掲載された店で十割蕎麦を食べる
福岡市東区にある香椎宮は古くからある有名な神社。その香椎宮の駐車場の近くにそば屋「不老庵」があります。 不老庵は美味しい十割蕎麦を出すお店で、2014年ミシュランガイド-福岡佐賀特別版でビブグル...

むらたの近くにはこんな店もあります。

【ポークたまごおにぎり】沖縄発の「ポーたま」を博多櫛田神社の表参道で食べる
この記事では、「ポーたま櫛田表参道店」について書いています。  2019年11月、店名が「ポークたまごおにぎり本店櫛田表参道」から「ポーたま櫛田表参道店」に変わりました 以前、沖縄を旅行したときに...
【博多区中洲】「吉塚うなぎ屋」のうな重|創業150年は伊達じゃない!
ボーナスが出たし、暑い夏を乗り切るために「吉塚うなぎ屋」に行ってきました。 吉塚うなぎ屋は、1873年(明治6年)に創業した約150年の歴史をもつ鰻料理の老舗です。以前見たテレビ番組の中で、食通...
【博多中州とりまぶし】1度に4つの味を楽しむ|超絶うまい華味鳥のとり皮
今回は、博多中州の店、その名もずばり「とりまぶし」を紹介します。 この店の定番料理「とりまぶし御前」は1度に4つの味を楽しめて、とくに鶏皮が超絶美味いです。 お腹に余裕があれば、とりまぶし...

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ
にほんブログ村

グルメ
シェアする
acharをフォローする
食べ旅写真館

コメント