【ららぽーと福岡】「京鼎樓(ジンディンロウ)」の小籠包セットを食べてみた

グルメ

ららぽーと福岡のフードコートにある「京鼎樓(ジンディンロウ)」の小籠包セットを食べてきました。

京鼎樓は台湾で人気の小籠包専門店ですが、ららぽーと福岡ではフードコートの業態で営業していて、小籠包とご飯ものまたは麺のセットを手頃な値段で食べることができます。

「京鼎樓(ジンディンロウ)」の場所

京鼎樓ららぽーと福岡の3階フードコートにあります。

  • 住所:福岡市博多区那珂6丁目23−1
  • 営業時間:10:00〜21:00
  • 駐車場有

こんな感じの店構え。

注文した後、料理が出来たら自分で取りに行くタイプのフードコート店です。

ちなみに、京鼎樓はKITTE博多店にもあります。そちらは本格的な点心料理を提供するレストランの業態で営業しています。

「京鼎樓(ジンディンロウ)」のメニュー

京鼎樓(ジンディンロウ)のメニューは小籠包3個+麺またはご飯もののセットの2種類。

値段は千円ちょっとなのでお手頃です。

    • 坦々麺
    • ワンタンメン
    • 酸辣湯麺
    • 五目つゆそば
    • 五目焼きそば
  • ご飯もの
    • ルーロー飯
    • 麻婆丼
    • エビチャーハン
    • 五目チャーハン 

どれも美味そう。これらは単品でも注文できます。

小籠包とご飯のセット

こちらは小籠包とルーロー飯のセット

小籠包は手のひらに乗るくらいのサイズです。

大きな蒸し器が点心の醍醐味。なんか気分が上がりますよね。

食べる前に、ショウガの入った小皿に黒酢ダレを出しておきましょう。

小籠包をいきなり口へ入れると火傷するかもしれません。

なので、まず小籠包をタレにつけてからレンゲに乗せる。そして箸で皮を破って汁を飲む。

肉と野菜の旨みを含んだ汁がジューシー。美味い。

熱々を期待してたけど残念ながら冷めていました。料理を受取ったら写真なんか撮らずにサッと食べましょう。

皮は薄くてモチッとした食感。餡もうまい。

ルーロー飯は台湾のソウルフード。漢字で魯肉飯と書きます。

甘めの醤油で煮込んだ豚肉をご飯に乗せた料理で、煮卵やタケノコ、高菜、チンゲン菜も入っていました。

丼の底にタレが溜まっているのでしっかり混ぜましょう。

甘めの柔らかい豚肉が美味しい。タケノコや野菜の歯応えもアクセントになっていて良きかな。

八角という癖のある香辛料が入っていますが、それほど強烈ではないので大丈夫なはず(知らんけど)。

以前台湾を旅行したときに食べたルーロー飯に近い味でした。

個人的にはオススメです。

こちらは小籠包と麻婆丼のセット

私は辛いのが苦手なくせに麻婆と坦々麺が好きなのです。

がっ、想像したよりも辛かった。ご飯を多めに食べないとヤバい。

辛いもの好きな人にはちょうど良いかも。

味については自分の好みとチョット違う感じですが、これは人によって意見が分かれると思います。

トロみのある卵スープ。辛さでマヒした舌をリセットしてくれました。

まとめ

この記事では「京鼎樓(ジンディンロウ)」をレポートしました。

小籠包とご飯or麺のセットを1000円チョットで楽しめるのでいい感じではないでしょうか。機会があればチャーハンや坦々麺も食べてみたいと思いました。

同じフードコートにこんな店もありました。

【ららぽーと福岡】日本橋の名店「金子半之助」のボリューム満点の天丼を食べてみた
G.W.中にららぽーと福岡で「金子半之助」の天丼を食べてきました。 金子半之助という名前は和食の重鎮として知られた実在の人物だそうで、その孫にあたる金子真也さんが創業したのが「日本橋 天丼 金子...

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ
にほんブログ村

コメント