【沖縄】沖縄のそば処「森の家」|緑の絶景を見ながら食べる沖縄そば

グルメ

今回の沖縄旅行では本部町のゴリラチョップでシュノーケリングを楽しんだあと、同じ本部町の山中にある「森の家」へ行ってきました。

ここは沖縄そばが美味しく、さらに店から見える緑の景色も絶景でした。癒されますよ~。

「森の家」の場所

「森の家」は名護本部線(県道84号)から脇道を登ったところにあります。若干見つけにくい場所にあるので、マップと道沿いの案内板を手掛かりに行きましょう。

美ら海水族館からだと車で20分くらいです。

  • 住所
    • 沖縄県国頭郡本部町伊豆味743-3
    • くにがみぐん もとぶちょう いずみ
  • 営業時間
    • 10:00~17:00
  • 定休日
    •  水,木
  • 駐車場あり

支払いは現金のみで、カードが使えないので注意してください。最近現金を持たないことが多いので焦りました。

南国の植物に囲まれた建物があります。まさに森の家です。

「森の家」の店内

店内に入ると鳥のはく製や水槽があり、窓の向こうに緑の絶景が見えてきます。

テラス席はこんな感じ。東南アジアのような雰囲気です(知らんけど)。

カウンターがビオトーブになってて、魚が泳いでいました。

もうね、圧巻ですよ。そして、けっこう落ち着きます。

海の青もいいけど、山の緑もまたよきかな。

「森の家」のメニュー

メニューは沖縄そばのみ。麺の量は小(140g)か大(280g)を選べます。また、炊き込みご飯のジューシーがセットでついてきます。

  • 三枚肉そば
  • ソーキそば
  • てびちそば
  • ミックス(三枚肉・ソーキ・てびち入り)
  • カレーそば
  • ポーク玉子そば
  • 中味そば

私たちはソーキそばと三枚肉そばを注文しました。

ソーキそば(中)とジューシー

ソーキそば(中)はソーキ2本と錦糸卵、ネギが入っています。

まずはソーキをいただきます。

柔らかい。噛むとホロホロと崩れていきます。

甘塩っぱさがちょうどいい感じ。美味い!

ちなみにソーキは豚のスペアリブ(肋骨まわりの肉)をさす沖縄の方言です。

麺の太さはうどんよりひと回り細く、若干コシがある。

うどんにコシはいらんけど、沖縄そばならこれでよし。

カツオ節ベースの優しいスープですが、コクがあって絶妙に美味い。

最後まで飲み干せます。

ジューシーは、ちょっと薄味でした。もう少し醤油を効かせてくれると良いのだが…。

ソーキそば(中)とジューシーだと私には少し量が多すぎました。

三枚肉そば(小)

私たちは基本的にソーキ派ですが、ブログ用に三枚肉そばも食べてみました。

ソーキよりも三枚肉のほうが見映えが良いかな。

三枚肉とはアバラ周辺の皮、赤身、脂身が3層になっている豚肉の部位のこと。豚の角煮で使うアレ。

味はしっかり染みているし、ソーキと同様に美味しかったです。

まとめ

この記事では「森の家」をレポートしました。

沖縄そばは味も良いし、何より緑の絶景に癒されました。美ら海水族館の帰りにでも寄ってみてはいかがでしょうか。

ちなみに本部町の三枚肉そばが美味しい店についてこちらでもレポートしています。

【沖縄】本部町の名店「きしもと食堂」|三枚肉そばがウマかった
沖縄本部町のゴリラチョップでシュノーケリングを楽しんだあと、きしもと食堂へ行ってきました。ここは三枚肉の入った沖縄そばが人気の店です。 実際に食べてみたら、評判通り抜群の沖縄そばでした。 「き...

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

コメント