【沖縄北谷】「謝苅(じゃーがる)そば」|景色を眺めながら食べる2種類のソーキそば

グルメ

沖縄を訪れたら沖縄そばを一度は口にするでしょう(知らんけど)。「そば」という名前ですが蕎麦粉は使われておらず、100%小麦粉の麺です。スープは鰹か豚骨ベースだし、見た目もうどんっぽいのですが、食べてみるとどこか違います。

沖縄そばの説明はこちらに書いています。

【沖縄そば】国際通り近くの大東そば|最後の一杯は空港食堂で
私たち夫婦が沖縄に行く楽しみのひとつは沖縄そばを食べること。とくにソーキそばが大好物です。 ところで、沖縄そばって蕎麦なの?ソーキって何?・・・考えてみるとよく分からないですよね。 という...

今回は、北谷(ちゃたん)町にある「謝苅(じゃーがる)そば」のソーキそばをレポートします。

謝苅(じゃーがる)とは泥炭岩でできた土地のことだそうです。

この店は北谷の高台に建っているので、窓側の席からアメリカンビレッジや宮城海岸を眺めらながら、美味しい沖縄そばを楽しむことができますよ。

「謝苅そば」の場所

「謝苅そば」は北谷町にある人気の沖縄そば店です。

  • 住所
    • 沖縄県中頭郡北谷町吉原98-1
    • なかがみぐん ちゃたんちょう よしはら
  • 営業時間
    • 10:00~15:00
  • 定休日
    •  金、日
  • 駐車場あり

那覇市内から車で移動する場合、国道58号を北上して40分くらいで到着します。

駐車場は店の前に6台、近所の教会の契約駐車場に7台分あります。

  • 教会の契約駐車場:13~19番まで

「謝苅そば」の店内

店内はこのような感じ。

朝10時の開店と同時に訪れたので客はほとんどいませんでしたが、お昼頃になると満席になるそうです。

窓側の席がオススメ。北谷の海やアメリカンビレッジが見えます。

この日は曇っていましたが、晴れたら青空と海の色で爽やかな気分になれると思います。

「謝苅そば」のメニュー

メニューは基本的に沖縄そばのみ。サイズは、麺はゆでを選択できます。だいたい650円~950円の価格帯でした。

  • 三枚肉そば
  • ソーキそば
  • てびちそば
  • ミックス(ソーキ・てびち入り)
  • ゆし豆腐そば
  • ポーク玉子そば
  • 骨汁
  • 骨そば
  • ジューシー(炊き込みご飯)

私たちはソーキそば(中)ゆで麺と生麺を注文しました。

「謝苅そば」のソーキそば(中)

ソーキそば到着。

中サイズと言っても、福岡で食べる普通のうどん一杯分くらいあります。

大きなソーキ(豚の骨付きあばら肉)が2つ、錦糸玉子、ネギがトッピングされています。色合いがいいですね。

2つのソーキのうち、1個目は本ソーキでした。固い骨が付いたあばら肉のことを本ソーキと呼びます。

柔らかく煮込んでいるので、口に入れると肉がホロホロと崩れていきます。普段食べている豚の角煮よりも醤油の味付けが薄い感じ。でも、美味しいですよ。

2個目は軟骨ソーキ。軟骨部分がおでんのスジくらい柔らかく煮込まれているので、まるごと食べることができます。

個人的には本ソーキより、こちらの方が好みです。

ゆで麺は、まっすぐなストレート麺でした。

一方、生麺の方は麵が波をうっていて、少しモチっとした感じ。

ゆで麺も生麺も味に大きな違いはなく、食感が若干違う程度。

「ぜったいこっちの麺がオススメ」というほど差はありませんでした。

スープは鰹ベースの優しい味。けっして味が薄いわけではなく、しっかり出汁がでています。

あっさり系の飽きの来ない美味しさ。

味変したい人は、紅ショウガやコーレーグース(泡盛に漬けた唐辛子の調味料)が合います。

まとめ

この記事では「謝苅そば」をレポートしました。

あっさり系のスープとボリューム感のある2種類のソーキが印象的でした。晴れたら海側の景色を眺めながら沖縄そばを満喫できそうです。

機会があればお試しあれ

なお、北谷町で有名な浜屋についてもレポートしています。

【沖縄北谷】沖縄そばで上位にランキングされる「浜屋」のソーキそば
沖縄そばのおいしい店を調べると、たいてい「浜屋」という店が出てきます。ガレッジセールのゴリさんによると「北谷(ちゃたん)でそばを食べる」と言えば、浜屋で食べることを指すのだとか。そんなに有名なら一度は...

にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

コメント