【沖縄】「琉心そば」の超絶うまい炙り軟骨ソーキそばをレポートします

グルメ

私たちは沖縄に行くと必ず沖縄そばを食べることにしています。今回の旅行でも美味しい店を探して3つのそば屋を訪れました。

この記事ではそのうちの一軒目「琉心そば」をレポートします。

私たちはどの店に行っても大抵ソーキそばを食べるのですが、この店の炙り軟骨ソーキは絶品でした。

ちなみに「沖縄そばって何?」って思う方はこちらをお読みください。

【沖縄そば】国際通り近くの大東そば|最後の一杯は空港食堂

琉心そばの場所

  • 住所
    • 〒901-1400 沖縄県南城市大里仲間731-1
  • 営業時間
    • 平日11:00〜16:00(Lo15:00)
    • 土日祝 11:00〜17:00(Lo16:00)
  • 定休日
    •  通常は火曜日ですが、2021年5月4日時点の情報によると、当面の間火水を定休日にするそうです

琉心そば

琉心そばの外観はラーメン屋のような感じ。

駐車場は、店の隣に20台くらい停めれそうなスペースがあります。

琉心そばの店内

店内は座敷のテーブルがいくつかあり、コロナ対策で各テーブルはビニールで仕切られていました。

琉心そばのメニュー

琉心そばのメニュー

入口に自販機があるので、ここでチケットを買って店員さんに渡します。

メニューは大体こんな感じ。

  • 琉心そば(三枚肉とソーキ入り)
  • アーサそば
  • 炙り軟骨ソーキそば
  • 野菜そば
  • 肉なしそば
  • 中味そば(豚の内臓[モツ])
  • その他、ジューシー(炊き込みご飯)のセットなど

アーサは沖縄で採れる海藻です。別名「あおさ」とも言います。

アーサ

これはお土産で買った乾燥アーサ。ヤバいやつではありません。

私たちは基本的にソーキそばしか食べませんが、炙り軟骨ソーキそばは初めてなので食べてみることにしました。

琉心そばの「炙り軟骨ソーキそば」を食べる

炙り軟骨ソーキそば(中)」がやってきました。

炙り軟骨ソーキが別皿になっています。

私はグルメ系のブログを書いているので食べなくてもわかります。「これ絶対、うまい!」

麺の上に乗っている丸いのは、この店の特徴となっているタピオカです。見映えがいいですね。

炙り軟骨ソーキ

ソーキの作り方は、店ごとに煮込み具合や味付けがまったく違います。

琉心そばのソーキは、軟骨をトロトロになるまで煮込んでいて、味付けは濃厚な甘辛い醤油味です。蒲焼のタレに近いかな。

炙り軟骨ソーキ

口に入れると肉がトロけていく。

タレがめちゃウマで、炙りが入っているので香ばしさもあります。

最初に宣言した通り、チョー美味い!

ワサビを載せて食べるとパーフェクト。最高!

炙り軟骨ソーキそば

スープは澄んだ黄金色。化学調味料を使用せず、ブランド豚の「パイナップル豚純」、鶏、鰹、サバ、野菜、昆布をブレンドして仕上げたとのこと。素晴らしい。

ただ、味はあっさりしています。欲を言えばもう少し深みが欲しいところです。

タピオカはモチっとした食感で、醤油で煮ているので甘くはありません。

炙り軟骨ソーキそば

スープに炙りソーキで残ったタレを入れ、調味料の練り唐辛子を少し足してみました。

あっさりしていたスープにアクセントがついて、いい感じの味になりました。これオススメです。

ただし、練り唐辛子はとっても辛いので、辛さに弱い人は少しずつ加えていくのがよろしいかと。

炙り軟骨ソーキそば

麺はうどんより若干細いくらいの太さでコシがあります。この店のオリジナル麺だそうで味はよいと思います。

今回、炙り軟骨ソーキ(中)を注文したので量的には物足りない感じでした。お腹が空いている人は(大)にするか、ジューシー(炊き込みご飯)と合わせて食べると良いかもしれません。

まとめ

調味料

この記事では「琉心そば」の炙り軟骨ソーキそばをレポートしました。

炙り軟骨ソーキは煮込み具合と味付け、ともに抜群の美味さでした。

スープは洗練された味でしたが少しあっさりしているので、ソーキをスープに浸して食べたり、調味料で味を調整するのが良いと思います。

とにかく美味しかったので、「また来たい」と思える店でした。

機会があればお試しあれ

沖縄旅行2021のまとめはこちら

沖縄旅行2021【まとめ】グルメと絶景カフェ&ビーチの旅
この記事は2021年ゴールデンウイークに行った3泊4日沖縄旅行のまとめになります。 すでに記事にした福岡空港ラウンジ、グルメ情報、シュノーケリングスポットに加えて、夫婦2人の旅行費用、綺麗なビー...

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村 旅行ブログ 沖縄旅行へ
にほんブログ村

グルメ国内旅行旅行
シェアする
acharをフォローする
食べ旅写真館

コメント