上海点心「高記」の鉄鍋焼肉まんを食べる

鉄鍋肉まん グルメ

台湾と言えば小籠包が有名ですが、今回の旅行では違うものを食べようということになり、鉄鍋焼肉まんをチョイスしました。

この記事では、「誠品生活松菸店」というデパート内で上海点心を楽しめる「高記(カオチー)小團圓店」を紹介します。また、同建物に入っているスタンド「TRUE BOSS」のチーズティー、お土産の定番ヌガーが買える「上信饌玉」についても書いています。

誠品生活松菸店は、MRT市政府駅から徒歩10分ほどで行ける場所にあります。また、台北101からだとタクシーで移動すれば1000円もかからず、すぐに着きます。

高記(小團圓店)で鉄鍋焼肉まんを食べる

高記は創業70年、本格的な点心が食べられるお店です。台北には高記が3店舗(永康店、小團圓店、中山店)ありますが、私たちは小團圓店に行ってきました。

まぎらわしいので以降は高記=高記(小團圓店)として読んでください。

高記の行き方

高記はMRT市政府駅(地図上はTaipei City Hall Station)から徒歩10分程のところにある「誠品生活松菸店」(簡単に言うとデパート)の地下にあります。

台北101からだと20分くらい歩くことになるので、楽をしたいならタクシーを使うのもよいでしょう。台湾のタクシーは値段が安く、600~800円程度で行けると思います。

誠品生活松菸店

誠品生活松菸店

誠品生活松菸店
営業時間:11:00~22:00

余談ですが、誠品生活松菸店は日本人の建築家が手掛けた建物だそうで、曲線が美しい設計になっています。地下は飲食店、1階はファッション系の店などがあります。また、2階には台湾のデザイナーが制作したユニークな雑貨を扱う店やお土産店が沢山あるので見るだけでも楽しめますよ。

高記は、この建物のB2(地下2階)にあります。B2と表示されていますが地上から1階分降りるだけです。

高記の様子

自分が思っていたより綺麗で洒落た感じの店でした。

夕飯時だけあって、あっという間に満員になりました。ただ、店員さんもテキパキしているし、料理も割とすぐに出てくるので客の回転は早かったと思います。

高記のメニュー

メニュー

スタッフは中国語(と思う)で注文を聞いてきたので理解できませんでしたが、メニューに写真&日本語の料理名が書いてあるので指さしでOKでした。

えびチリの値段が620台湾ドル(2200円くらい)なので高いような。

メニュー

反対にチャーハンは220台湾ドル(700~800円くらい)でちょっと安い。

高記で点心を食べる

チャーハン

まずは桜えびチャーハン。香ばしい海老と味付けが絶妙で美味しい。日本で食べるチャーハンと同じ感じです。

値段が安いから、ちょうど良い量だと思って注文したら2人分の量だった。

海老

塩味卵えび揚げ。えびの上のソースは、ゆで卵の黄味と塩を混ぜたような食感。日本では食べたことのない味です。うまいけど塩っぱい。これを食べたらチャーハンの味が霞んでしまうくらいです。

上海鉄鍋焼肉まん

今回のお目当ては小籠包ではなくて、この店の名物「上海鉄鍋焼肉まん」です。

上海鉄鍋焼肉まん

皮が厚く、底の部分に程よく焦げめついています。小籠包と似たような餡ですが中のスープは少なめ。日本の肉まんよりも小ぶりでズッシリくる感じです。黒酢と醤油につけて食べると間違いなく美味しい。

欲を言えば、肉まんだけだと飽きてくるので、小籠包を組合わせたメニューがあればいいのにと思いました。

若い人ならちょうど良い量かもしれませんが、中年夫婦2人でチャーハン、海老6本、焼肉まん10個は多過ぎでした。

今回パスした小籠包も美味しそうだったので、鼎泰豊と味比べするのも面白いかもですね。

トータル:1100台湾ドル(3900円くらい)

「TRUE BOSS」のチーズティー

チーズティー

高記と同じフロア(地下2階)、昇りエスカレータの横にある「TRUE BOSS」というスタンドでチーズティーを飲んでみました。

TRUE BOSSのメニュー

飲み物の種類が沢山あるので迷ったのですが、テレビ番組で言っていた「タピオカの次はチーズティーだ!」という言葉が頭をよぎったので「芝士果果:Fruit Tea With Cheese Milk Foam」を注文。日本語にすると「チーズの泡入りフルーツ茶」かな。

フルーツとお茶の種類を選べるので、マンゴーとウーロン茶を選択しました。

  • フルーツの種類
    • マンゴー、ストロベリー、パッションフルーツ、キウィ
  • お茶の種類
    • 紅茶、緑茶、ウーロン茶

氷と糖分の量

氷の量と甘さの加減(写真の右側)はそれぞれ50%にしました。

でっ、どんなだったかと言うと、甘いウーロン茶の味がして、ときどきマンゴーがやって来て、最後のほうでミルクと溶け合ったチーズの泡がとっても美味しい飲み物でした。「素材の味を活かしてます」って感じです。

今から思うと、氷を多めで甘くない緑茶を選択すれば良かったかなと。

来るぜ!チーズティー(知らんけど)。

値段:65台湾ドル(240円くらい)

上信饌玉のヌガー

ヌガーのタグ

誠品生活松菸店の2階、スイーツ店「上信饌玉」でヌガーを購入しました。

ブルーチーズのように見えますが、ミルクキャラメルに胡麻とマカダミアナッツを混ぜたお菓子です。口に入れると最初は固いのですが、すぐに溶けて程よい甘さ、つぎに胡麻とナッツのカリカリ感がやってきます。

もうね、間違いなくうまいです。

上信饌玉の袋

この店はデザインに力を入れているようで袋がお洒落ですね。お土産として喜ばれると思います。店員も(英語で)丁寧に説明してくれて感じが良かったです。

赤い袋にヌガーが30個入って490台湾ドル(1720円くらい)だから、1個当たり50~60円。その価値はあると思います。

上信饌玉は台北に5店舗あります。

  • 永康旗艦店
  • 信義旗艦店
  • 新光三越 信義新天地A4
  • SOGO 復興館
  • 誠品生活 松菸店2F(今回はここ)

お土産の定番のパイナップルケーキやトフィー(これもキャラメルのようなお菓子)なども販売しているので、高記に行ったついでに寄るといいかもですね。

台湾旅行の参考になれば幸いです。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

その他グルメ旅行海外旅行
シェアする
acharをフォローする
食べ旅写真館

コメント