【南区大橋】「らぁめん39番地」ワンコイン(500円)でこのクオリティーはすごい

グルメ

2021年6月13日更新

らぁめん39番地は2021年1月末に大橋店を閉店し、6月6日から博多区呉服町で営業を再開しています。移転後の様子については次の記事をお読みください。

【福岡呉服町】新生「らぁめん39番地」|あのラーメンの味は健在でした
豚骨ラーメンは大きく分けて、昔ながらのシンプルな豚骨ラーメンと進化形の2種類がありますが、今回紹介する「らぁめん39番地」は前者の方になります。 この店は南区大橋の知る人ぞ知る名店でしたが、呉服...

豚骨ラーメンは大きく分けて、昔ながらのラーメンと泡や魚介など進化形の2種類がありますが、今回紹介する「らぁめん39番地」は前者の方になります。

この店の豚骨ラーメンは、ワンコイン(500円)なのに美味しく、クオリティが高い。正直、隠れた名店じゃないの?と思えるほどでした。

らぁめん39番地の場所

らぁめん39番地は、西鉄大橋駅から徒歩10分程度の場所にあります。

  • 住所:福岡市南区大橋2丁目15-12
  • 営業時間:11:30~22:00(定休日:水曜日)

駐車場はないので、車で行く場合は近くの市営大橋駐車場(最初の60分まで20分毎に50円)に停めればよろしいかと。

らぁめん39番地

12月になって2度行きましたが、2回とも行列ができていました。ただし、回転は早いので少し待てば入店できると思います。

店員さんの対応が良いのもポイントが高い。

らぁめん39番地のメニュー

ラーメンのメニューはこんな感じ。

  • ラーメン(500円)
  • 煮卵入りラーメン(600円)
  • チャーシューラーメン(700円)
  • ラーメンセット(ラーメン、ご飯、一口餃子:750円)
  • 替え玉(100円)

いくらシンプルなラーメンと言っても、今どきワンコイン(500円)で豚骨ラーメンを出す店は多くないと思います。

らぁめん39番地のラーメンを食べる

らぁめん39番地

これが500円のやつ。昔ながらの豚骨ラーメンって感じですね。

麺の上にネギとキクラゲ、チャーシューが乗っていて、表面に透明な脂が浮いてる。いたってシンプル。

らぁめん39番地

こちらは煮卵ラーメン。煮卵1つ入るだけでちょっと豪華になる。

チャーシューはよく煮込まれていて、口に入れると溶けていくような感じです。

らぁめん39番地

麺はそうめんくらいの極細で、ツルツルっと口に入ってきます。

らぁめん39番地

スープがすごく美味しい。

表面に脂が浮いているのでコッテリしてるのかと思いきや、飲んでみるとあっさりしている。でも、甘くてコクと深みがある。とても上品な味です。

正直な話、ワンコインでこのスープの味を出せるのはすごいと思います。

らぁめん39番地

この店で評判の辛子高菜。

辛いのは嫌いな私ですが、スープに入れれば大丈夫。紅ショウガと一緒にラーメンの中に入れると味が変わって2度楽しめる。

らぁめん39番地
一口餃子は、いい焼き具合です。1個が小さめで食べやすく、味もよい。これで250円なのはリーズナブルです。

昔ながらのシンプルな豚骨ラーメンですが、ワンコインで食べられるのは幸せですね。

お知らせ

らぁめん39番地は令和3年1月26日で一旦閉店し、呉服町に移転しました。2021年6月6日に再開しているようです。
新店舗の住所:福岡市博多区下呉服町6-6

機会があればお試しあれ

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ
にほんブログ村

グルメ
シェアする
acharをフォローする
食べ旅写真館

コメント