【福岡空港ラーメン滑走路】弟子屈(てしかが)!味噌ラーメンのコク深スープがうまし

グルメ
2021年4月3日現在、弟子屈はラーメン滑走路から撤退しています。

福岡でラーメンと言えば豚骨でしょう。私も豚骨ラーメンが大好きです。ラーメン通とは言いませんせんが、週に一度は長崎チャンポンと豚骨ラーメンを食べています。ただ、ふとした拍子に味噌ラーメンが無性に食べたくなるんですよね。

今回は、北海道の友人を福岡空港に見送りに行ったとき、キッカケがやってきました。「北海道かぁ~カニ、鮭・・・いや、味噌ラーメンやろ」という連想ゲーム。そんな感じで、ラーメン滑走路内にある北海道ラーメン弟子屈(てしかが)へ行ってきました。

弟子屈は、ラーメン激戦区である「さっぽろラーメン横丁」や新千歳空港の「ラーメン道場」にも出店しているだけあって、味噌スープにコクがあり、期待通りの美味しさでした。

味噌ラーメンが美味かったので、別日に魚介しぼり醤油ラーメンむかし醤油ラーメンも食べてきました。

この記事では、弟子屈の味噌ラーメンと醤油ラーメンをレポートしています。

弟子屈(てしかが)は福岡空港ラーメン滑走路の中にある

ラーメン滑走路
弟子屈は、福岡空港国内線3階のラーメン滑走路と名付けられた通路の中にあります。単純な道なので迷うことはないでしょう。

ラーメン滑走路のラーメン店リスト

ラーメン滑走路内には、福岡・鹿児島・東京・大阪・山形・北海道のラーメン店が9軒と伊藤園の茶屋が1軒あります。店舗のリストは次の通り。

  1. 屋台ラーメン玉龍(福岡)
  2. つじ田(東京)
  3. 博多一幸舎(福岡)
  4. ラーメン凪(東京)
  5. まんかい(大阪)
  6. 弟子屈(北海道)
  7. ラーメン海鳴(福岡)
  8. 酒田ラーメン花鳥風月(山形)
  9. ヌードルラボラトリー金斗雲(鹿児島)

なお、8番の花鳥風月はその後、モヒカンラーメンになっていて、【福岡空港ラーメン滑走路】モヒカンらーめん|繊細で奥深い豚骨スープでレポートしています。

博多一幸舎と海鳴は、私のお気に入りの店なので何度も食べていますが、他の店も美味そうですね。

ただ、今回の目的は”味噌ラーメン”なので弟子屈へ直行です。

弟子屈ラーメン

弟子屈という字を見て、”てしかが”と読める人はすごいと思います。私は読めませんでした。弟子屈は、北海道にある温泉地の名前。九州の人にとっては「摩周湖や屈斜路湖の近く」と言った方が馴染みやすいかも。

私たちが弟子屈に到着したのは11時頃だったのですが、店内はすでに満員、外にも列ができていました。人気がある証拠でしょうか。期待感が高まりますね。

弟子屈のメニュー

弟子屈のメニュー

弟子屈ラーメンのメニューは味噌、醤油、塩の3種類。それと、昼のお得なメニューとして味噌のスモールとイクラご飯のセットがあります。その他トッピングのコーンバター、大きめの炙りチャーシューもオススメのようです。

私たちは、弟子屈味噌(880円)味噌スモールとイクラご飯のセット(1000円)を注文しました。

弟子屈の味噌ラーメンを食べてみました

弟子屈味噌ラーメン

弟子屈では、すべて北海道産の材料を使っているのだそうだ。

レンゲの近くにある茶色い味噌をスープに溶かす。味噌には、大豆はもちろんのこと牡蠣や帆立、鮭節など魚介類の旨味も凝縮されている。

味噌ラーメンの麺

麺の太さは中太で、若干ちぢれている。見た目は長崎ちゃんぽん麺に似ているけど、ちょっと違う食感です。スープがよく馴染んで美味い。

味噌ラーメンのスープ

スープを飲んでみる。

味噌のコク、醤油の香り、豚骨の旨味が混然一体となった独特の味。さらに胡麻、落花生、ネギ、もやし、昆布が加わって深みが増している。

味噌ラーメンと言ってもスープのベースは豚骨。弟子屈では長時間、低温で煮込んで豚骨の旨味を引き出しているそうです。

なんだ、このうまさは!

この美味しさを文章でうまく伝えきれませんが、機会があれば、ご自分の舌で確かめて頂きたい。

味噌ラーメンとイクラご飯のセット

こちらは味噌ラーメンのスモールとイクラご飯のセット。

イクラは張りがあって、噛めばプチっとはじけて塩味が飛び出してくる。ご飯のお供にぴったりです。ラーメンは、スモールでも煮卵やチャーシュー(というか豚の角煮)はちゃんと入っているのでお得感満載です。

スモールラーメンとご飯で、私たちにはちょうどいい量でした。

弟子屈の醤油ラーメンも食べてみました

魚介しぼり醤油ラーメン

味噌ラーメンが美味かったので、別の日に再び弟子屈へやってきました。今度は魚介しぼり醤油ラーメンを注文しました。

ラーメンがやってきた瞬間、スープから鰹節のような魚系の香りがしてくる。こちらの麵も中太なのでスープが絡んで美味しい。

魚介しぼり醤油ラーメン

スープは塩味がかなり強い。豚骨と醤油と魚介エキスがいい感じに混ざり合って、深みのある味になっている。

魚介しぼり醤油ラーメン

チャーシューが旨い。味噌ラーメンの方は角煮っぽい形をしていましたが、こちらは薄くスライスされている。肉には甘みがあり、ちょうど良い味付けで上品な感じがします。


むかし醤油ラーメン

こちらはむかし醤油ラーメン。細いちじれ麵で、スープは甘めの醤油味。名前通り、昔懐かしいラーメンという感じ。

悪くない味ですけどね、味噌ラーメンと魚介しぼり醤油に比べると普通でした。

最後に

今回は、福岡空港ラーメン滑走路にある弟子屈(てしかが)のラーメンをレポートしました。特に味噌ラーメンのスープは絶品でした。

ラーメン1杯880円。福岡のラーメンと比較すると200円くらい高いでしょうか。でも、自分では絶対に作れないし、この味に到達するまでの試行錯誤を考えると食べる価値は十分あったと思います。

味噌ラーメンが美味しかったので、魚介しぼり醤油むかし醤油も食べてみました。むかし醤油は普通のラーメンなので、弟子屈にせっかく来たなら魚介しぼり醤油をオススメします。

では、「味噌か、魚介しぼりか、どちらか選べ」と言われたらどうでしょうか?

甲乙つけがたいのですが、コク・香り・奥深さが三拍子そろった味噌スープの味が良かったので、私だったら味噌ラーメンを選択します。もちろん個人的な意見なので、機会があればご自分で確認してください。

にほんブログ村 グルメブログ 福岡食べ歩きへ
にほんブログ村

グルメ
シェアする
acharをフォローする
食べ旅写真館

コメント